陶器のお茶入れ

なんだか不思議な形、渋い佇まいに惹かれて。

こちらは陶器でできた茶入れですが、茶葉を入れるものではありません。

その昔、駅弁当を買うとこの茶入れがもらえて、ここにお茶を注いでもらえました。

駅弁当とこの陶器のお茶と携えて、人々は旅を楽しんでいたんだと思います。

お茶を飲み終えたあとは捨てても良かったのですが、列車旅の思い出として持ち帰った人も多かったのでしょう。

今の時代にも残ってこのように出てくるということは、コレクションをしていた人や、思い出に残していた人がいたから。

こちらは陶器ですが白磁器のものもセルロイドのものも、実は見たことがあります。

茶事を愉しむ企画としては丁度良いかなとご紹介に至りましたが。

昔の人のお茶を愉しむ、そんな時間やシチュエーションに思いをはせるようなそんなアイテムですね。

現代ではお茶筒や、花器として使っても良さそうです。

※大きさ 高さ9,5cm 横幅9cm 口径3cm

※こちらの商品は経年による傷や汚れがございます。予めご了承ください。

※当店でお取り扱いする商品は古いものがほとんどです。写真ではわかりにくい商品の状態など気になることは何でもメールにてお尋ねください。当店では商品の返品は致しかねます。お買い物の際は十分ご検討下さい。




購入数
Soldout