使い込まれた木の左官屋さんの道具

なんだか素敵な木の風合い!これは何だろう、、不思議な形。

京都の骨董市を歩いていて見つけた、使い込まれた風合いが美しい木の道具。

反対側はタオル掛けみたいになっていて、もう反対は黒板みたいになっています。丸い穴もひとつだけ開いています。

売っていた方にこれはなんですか?と尋ねましたら昔の左官屋さんの道具ですよと教えてくださいました。

たぶんおそらくですが、タオル掛けみたいな部分はハンドルで、黒板みたいな面には漆喰や土なんかを乗せて使っていたのでは?と思います。丸い穴はひっかける紐をくくっていたのかも。

なんだかとても気になって目が離せないお品だったので買ってきてよく観察を試みたら、タオル掛けのほうを下にすると自立することがわかりました!大発見!!

これはやっぱりボードとして使える!というわけで撮影ではウエルカムボードにみたてて、カードと一緒に玄関に飾ってみました。

チョークを使えば字もかけるし、木製だからピンもさせます。ある程度の重さもあり飛んでいく心配もなく、使い道にあきたら三角官などを使って壁に設置したりも。

タオル掛けの面も工夫して使えます。

気に入っていてしばらく手元に置いていた古道具ですが素敵に活用いただける方に買っていただけたら嬉しいです。

※大きさ 横39,5cm 底面幅12cm 高さ15cm ハンドルの内側の長さ35cm

※こちらの商品は経年による傷や汚れがございます。予めご了承ください。

※当店でお取り扱いする商品は古いものがほとんどです。写真ではわかりにくい商品の状態など気になることは何でもメールにてお尋ねください。当店では商品の返品は致しかねます。お買い物の際は十分ご検討下さい。

購入数
Soldout